Category Archives: Uncategorized

UXの語感

UXという言葉は2005年ぐらいにはすでにバズワードだったが、その後もますますバズっぷりを増している。 UXという言葉は人によっていろいろな意味で使われるとよく言われる。実際、私も仕事でいろいろな人がいろいろな意味で(そして真面目に)UXという言葉を使っているのに遭遇する。 デザインコンサルタントとしては、UXを何かひとつ定義づけることよりも、世間でこの言葉がどのような使われ方をしているのかを知ることの方が重要だ。 ちなみに、私の定義はとても簡単だ。誰かが私に「UXとは何ですか?」とたずねれば、私はこう答える。 「利用者体験のことです」 それ以上でも以下でもない。英単語の直訳で十分意味のある言葉だと思う。 例えば「デザインって何ですか」とか「UIって何ですか」といった質問に答えることの方がずっとコンセプチュアルで難しい。UXは簡単だ。 ただ世間でいろいろなニュアンスが盛られて使われているようだ。 UXという言葉が使われる時の観点をざっくり分類すると、 UIの操作性の観点 デザインプロセスの観点 マーケティングの観点 組織スローガンの観点 といった感じになるように思う。もちろんそれぞれはクロスオーバーしている。 この分類に従って、以下に、私がよく見聞きする、UXという言葉の使われ方を挙げてみる。 UIの操作性の観点 UXとは、UIのこと それまで良いUIというものを意識的に作ろうとしたことがなかった現場においては、ちゃんとUIを作るという発想自体がかなり新しいパラダイムとなる。彼らはそれをUXと呼ぶ。このニュアンスで RFP に「UXのリニューアル」とか「UXの全面見直し」と書かれていたことがある。 UXとは、ユーザビリティを考慮した画面設計のこと このニュアンスは SIer や情シスなどの人々の言葉でよく耳にする。「今度の案件ではユーザーがUXを要求しています」といった感じで使われる(ここでいうユーザーはユーザー企業/部門=クライアントのこと)。聞いていくと、使い勝手を考慮した画面のことらしい。このニュアンスで、RFP に「UX納品:○月○日」とか「UXを適用する」とか書かれていたことがある。 UXとは、直接操作感とマイクロアニメーションのこと スクロールのスムーズさとかタッチ入力の精度をもってUXが優れているなどという。ビューが遷移する時のトランジション効果とか、タッチ操作に対するUI要素のビジュアルフィードバックなど、従来なら実装コストの関係でオミットされていたような小粋なアニメーションを積極的に取り入れることも重要。製品やサービスのアハ体験。ただサイドイフェクトとして、学習可能性や発見可能性を無視した珍妙なUIを見て「このUXは新しい」などと持ち上げる素人評論家が多数発生しているのも事実。 デザインプロセスの観点 UXとは、観察インタビュー、プロトタイピング、ユーザビリティテストなどをやること 要するに UCD とか HCD と呼ばれるプロセスだが、以前から提唱されてきたそういった方法論や呼び方を知らない人々がその手の取り組みセットをUXと呼んでいる。サービス事業者のインハウスデザイナーなどが「うちでもUXを取り入れないと」などと言ってる場合はこれに近い。UXという何か決まったメソッドが存在しているという前提でこの言葉を使う。膨大なポストイットにいろいろ書いて壁一面が埋め尽くされることで俺たち仕事した感が漂ってしまったりするのもこれ。このニュアンスで、RFP に「UXを行うこと」と書かれていたことがある。 UXとは、アジャイルにデザインすること ウォーターフォールに対するカウンターとして、ユーザビリティ担保のコスト最適化として、あるいは資金調達の攻略テクニックとして、プログラミングの世界で実践されてきたスパイラル式のイテラティブプロセスをデザインプロジェクト全体に適用しようという、たいへんまっとうな取り組みが盛んになりつつある。ただしデザイン全般となるとプログラムのようにはモジュール化できないので、実際にはモバイルアプリのような小規模なシステムでしか実践は難しいと思われる。そもそも今デザインスプリントとか言ってる層が大規模エンタープライズシステムなどの開発プロセスに口を出せることはほとんどない。自然にスクラムとかを回してるようなスタートアップにおけるUX。 マーケティングの観点 UXとは、サービス企画のこと ユーザーモデルとか課金モデルとかプロモーション方針とかを最上流で定義すること。いってみればサービス企画。「UIは画面のことで、UXはもっとサービス全体のこと」といったことを言う人は、だいたいこれ。代理店の下請けとかが多い制作会社の人などが「うちらももっとUXやりたいよね」などと言う。 … Continue reading

マテリアルは逆説じゃなかった

“エントロピーとデザイン” で私は、「ソフトウェアによって将来、この物理世界とは全く違う価値観からの精神活動が営まれるであろうことは想像に難くない。」と書いた。だから無限のデジタル世界と我々がインタラクトするには、新しい言語が必要になる。少なくともまだしばらくそれは、共時的な情報を表すのに適した、視覚言語であるはずだ。 デジタル世界のイディオムが発展して、物理に束縛されない秩序によって精神活動が営まれるようになるということは、言語に高い抽象化の性能が求められるということだろう。 幾何学的で平面的なグラフィックは、コミュニケーションの抽象化に則したチャレンジだ。そこではもはや、GUI の表現力はスクリーンサイズに比例しない。 Google のマテリアルデザインは、きっとその名前からは逆説的に、視覚表現の抽象化の指針として作られたのだと期待していた。けれどこのビデオを見ると、どうも違ったようだ。 Making Material Design 彼らは GUI を、薄っぺらい紙をいくつか重ねたものだと考えているらしい。重ね順に気をつけろとか、影の落ち方に気をつけろとか言っている。逆説でもなんでもない、彼らは本気で物質(マテリアル)感を醸し出そうとしているではないか。ならばこれはスキューモフィックのひとつにすぎない。時代に逆行してないか? たぶんあれだろう。スクリーンを埋めるビューとそのヒエラルキーとかトランジションとか、ちゃんと整理して構成しろよっていう、そういう実装モデルにひきずられてしまったんだろう。 GUI が努めるべきはむしろ、物質感の排除だ。デスクトップメタファから脱するには、グラフィックの記号性をもっと高めて、デジタルネイティブなイディオムを発明していく必要がある。もう奥行き感とかドロップシャドウとかやめないといけない。巻き物メタファのスクロールもやめていい。 その意味では、Apple Watch のグラフィックはちょっといい線を行っている気がする。二次元的とも三次元的ともつかない、黒い背景に記号だけが漂っているような調子がいい。抽象的な図形とマイクロアニメーションで構成されたインタラクション。小さなスクリーンを前提として、はじめから箱庭を捨てている。    Apple Watch に見られる GUI イディオムはまだ模索されはじめたばかりなので中途半端な部分も多いが、いろいろと表現を試してみる価値のある方向性だと思う。

鏡はなぜ左右は反転するのに上下は反転しないか

鏡はなぜ左右は反転するのに上下は反転しないのか? 私はこの素朴な疑問を「鏡問題」と呼んでよく考えている。 洗面台の鏡の前に立ち、右手を上げると、鏡の中の自分は左手を上げている。左右が反転している。 次に頭を振ってみると、鏡の中の自分は足を振るわけではなく、頭を振っている。上下は反転しない。 鏡問題については誰もが一度は考えたことがあると思う。誰もが何らかの回答を試みるが、この問題の面白いところは、人によって回答がいろいろであるところだ。 よくある回答のひとつは、「左右は主観的だが、上下は客観的だから」というもの。 左右の方向は見る立場によって変わるが、天地の方向は一定している。 しかし、では鏡の前で寝転がってみる。右手は天の方向にあり、左手は地の方向にある。そこで右手を上げると、鏡の中の自分はやはり逆の左手を上げているではないか。 よくある回答のもうひとつは、「左右は反転していない、前後が反転しているのだ」というもの。 いやいや、前後が反転しているのなら、私が鼻をかいたら、鏡の中の自分は頭の後ろをかいていないといけない。けれどそうはならない。 これと似たような回答に「左右は反転していない、表裏が反転しているのだ」というのもあるが、それだと鏡の中の自分は体の中身が皮膚の外に出てしまって見るに耐えない感じになるはずだ。だがもちろんそうはならない。 まれに、「左右だけでなく、実は上下も反転している」というのもある。 でもそれはおかしい。それだと鏡の中の自分は常に逆立ちをしていないといけないから。 そう言うと、上下反転論者は、「鏡を足の下におけば、左右も上下も反転する」という。 確かにそうかもしれないが、ではなぜ鏡の置き場所によって反転の具合が変わるのか? 上下反転論者はこの疑問には答えられない。 いろいろググって、鏡問題を比較的よく説明していると感じたのはこのページだ。 ここではこういう感じの回答をしている。すなわち、左右は反転していない。なぜなら自分から見て右方向の手を動かすと、鏡の中でも自分から見て右方向の手を動かしている。反転しているのは、鏡に垂直の方向である。自分が鏡の方を向いている時、鏡の中の自分は逆にこちらを向いている。左右が反転している気がするのは、「右手」「左手」のように、鏡の裏に回った自分の視点で手がかりを見ているからであると。 はい、そのようですね。けれど、このページの中にある、鏡の裏に回った自分を想像する時の回り込み方によって反転しているように見える方向が変わるというのは、ちょっとよく分からない。言っていることは分かるのだけれど、それが鏡問題とどう関係しているのかが分かりにくい。なぜなら私は鏡を見る時、べつに自分が鏡の裏に横からぐいっと回り込む様子など思い浮かべていないから。 鏡問題は、誰もが疑問に思うことであると同時に、誰もが感覚的には答えを知っているのである。 ただ、その答えをうまく言語化できないだけだ。 鏡問題は言葉遊びなのだ。だから鏡問題についてある程度考えた人はみな、「そもそも問題設定が間違っている」と言い出す。問題の認識がおかしいのだから、回答することよりも、認識を正すことの方が重要だと。 そのために、左右も上下も反転していないということを説明しようといろいろな例を出すのだけれど、それらがどうも生活感を伴っていない。 鏡問題の素朴さに対して、回答はどれも間接的でもやもやしている。こじつけ感がでてしまう。 左右は反転しているような気がするだけで実は反転していない? それは一体どういうことだろうか。 でもまあ、左右も上下も反転はしていなくて、鏡の外と中で、鏡を境に方向性が逆転しているだけなのだということで、しぶしぶ納得しかけるわけである。 ところで急に話が変わるようだが、iPhone の前面には FaceTime カメラというのがある。自撮り用にこちらを向いているカメラだ。 この FaceTime カメラを起動して自分を撮影しようとすると、あることに気づく。ディスプレイに表示されている自分は、鏡像になっているのである。 シャッターボタンを押して、撮影された写真を見ると、鏡像ではなく普通に自分を撮った写真になる。 これはおそらく、我々は普段自分の顔を鏡を通じて見ているのだから、ディスプレイに表示するプレビューは鏡像にした方が自然だと考えた仕様なのだろう。 だから FaceTime カメラは、シャッターを切らなければ、鏡としても使うことができる。 そこでふと考えた。FaceTime … Continue reading

きれいの条件

きれいについて、前からずっと、自分は他人にくらべて少し感受性が不足しているのではないかと心配している。 何かを見て人が「きれい」と感嘆の言葉を発する時、自分はあまり感動していないことが多い。 例えば誰かと道を歩いていると、同行者が「あ、きれい」と言う。見ると歩道の脇に小さなハルジオンが咲いている。私はそれを見て、確かに花が咲いているなとは思うが、その美に感動してはいない。思わず感嘆の声をもらすほど感情の変化は起きない。 景色の開けた山岳を行く時、高層ビルから夜景を見る時、人は「きれい」というが、私はむしろ、彼らの「きれい」がどこから来るのかということについて、気になりだした。 「きれい」にはいくつかの種類があるように思う。 真新しく汚れがないもの、均一なもの (買ったばかりの車、沖縄の海、若い女性の肌、洗った後の手、白いハンカチ、しわのないカーペット、モノトーンのコーディネーション) 整然としたもの (掃除した後の部屋、整頓された本棚、組体操の列、碁盤の目) 無駄がなく優雅なもの (ペン習字のお手本、枯山水、漆器、日本舞踊) 繊細なもの (花、アクセサリー、ネイルアート、パステルカラーのコーディネーション) 対称的、規則的、幾何学的、反復的なもの (寄木細工、刺繍、ステンドグラス、柄模様) 雄大で複合的な自然風景 (視野いっぱいに広がる山並み、ところ狭しと生える森の木々、水面に映る雲々、入り組んだ海岸線、花畑) 光るもの、コントラストが高い状態 (宝石、電飾、磨かれた金属やガラス、星、夕焼け) カラフルなもの、鮮やかなグラデーション (虹、玉虫、フルーツ盛り合わせ、原色のコーディネーション) 艶やかなもの、豪華なもの (ナイトドレス、シャンデリア、振袖、ベリーダンス) 当然これらの条件は排他的ではなく、境界はあいまいだ。また「心がきれい」のように比喩的に言うこともあるが、ここでは視覚的な特徴に限定している。 上記のような条件を複数満たしているものほど、人は「きれい」を感じるようだ。 例えば満天の星空は、繊細で反復的で雄大で光っている。 上記の条件をさらにまとめると、大きく次の三つになるのではないか。 A. 一定している B. 有機的である C. 高コントラストである 一定しているというのは、淀みがなく全体が限定的なパターンで成っていること。有機的であるとは、複合的で各部分が密接に結合して影響しあっていること。高コントラストであるというのは、視覚に対して強い刺激を与えていること。 不思議なのは、A と B が逆のベクトルを持っているように思われることだ。 例えば A … Continue reading

コンプレックスとソフィスティケイテッドの語感

コンプレックスとソフィスティケイテッドの語感について。 コンプレックス(complex)という英単語はよく「複雑な」と訳される。 ソフィスティケイテッド(sophisticated)という英単語はよく「洗練された」と訳される。 日本語の語感としては、「複雑」と「洗練」は反対の意味を持っているように響く。 複雑なものとは、要素が多く混沌としていてまとまりが見いだせないようなもの。 洗練されたものとは、要素が無駄なく整理されていて単純さの中に深みを感じさせるようなもの。 ところが英語での complex と sophisticated の使われ方を見ていると、どうもこのふたつは同じようなニュアンスを持つ言葉であるようだ。 complex は、複合的で込み入ってはいるが全体として綿密に計画されたものを意味する。 sophisticated は、精巧緻密で高度に手の込んだ凝ったものを意味する。 例えば宇宙は、コンプレックスかつソフィスティケイテッドなのである。 一方、日本語の「洗練」から感じる、単純であることが高度であるという価値観は、日本的あるいは東洋的なものなのかもしれない。

アート、デザイン、アーキテクチャの語感

アート、デザイン、アーキテクチャの語感について。 これらの語源にも興味はあるものの、一般的には英語の外来語として用いるだろうから、英語の辞書を見てみる。 art The expression or application of human creative skill and imagination. Works produced by human creative skill and imagination. design A plan or drawing produced to show the look and function or workings of a building, garment, or … Continue reading

ISO 9241-210 における UX 定義の和訳について

前に、ISO 9241-11 における Usability の定義の和訳がおかしいのではないかということを書いた。 原文が外国語の定義文は、例えば JIS 化される際に言ってみれば公式な和訳が与えられることもあるが、多くの場合、最初に誰かが便宜的に和訳したものをみんながコピーして使っていくうちにデファクトになってしまう。その間に、どれだけの人が原文を確認するだろうか。 最近気になっているのは、ISO9241-210 における User Experience の定義と言われる文の和訳だ。 原文はこう: “a person’s perceptions and responses that result from the use or anticipated use of a product, system or service” この和訳として、次の文をよく目にする: “製品、システムまたはサービスを使用した時、および/または使用を予測した時に生じる個人の知覚や反応” これ、先の Usability の定義にくらべれば論旨が曲がってないのでよいのだが、やはり関係詞の解釈というか、名詞のくくりかたというか、何か原文と違うものになっていると感じる。 それに、原文で「or」というところをわざわざ「および/または」というふうに不必要に単語を増やしていて余計なニュアンスを加えているのも気になるし、「〜した時に」とあるけれどこれに対応する「when」のような単語は原文にはないのも不自然だ。 そこで、私はこう訳した: … Continue reading