Monthly Archives: March 2016

Apple をインスパイアした(かもしれない)Textwell/DraftPad の機能

シェアメニュー 他のアプリにコンテンツをルーティングするための一元的なメニュー。Textwell/DraftPad のアクションメニューとほぼ同じコンセプト。今でこそ当たり前の機能だが、ルーティング用のメニュー(しかも項目を追加していける)というものを iOS で最初に作ったのは DraftPad だと思う。 アクションシートのエクステンション アクションシートにサードパーティがアクションを追加できる。Textwell/DraftPad のアクションと似たコンセプト。 アプリ内からツイート OS X と iOS ではアプリ内からツイートする仕組みがある。それができる前、Twitter の iOS 用 SDK もない頃から、テキストエディタである DraftPad 内から直接ツイートできた。 自動保存 OS X のドキュメントベースアプリケーションでは、適当なタイミングで自動保存がかかる仕組みがある。Textwell/DraftPad が先にやっていた。(デスクトップではよくある機能ではあったが) 自動ヒストリー OS X のドキュメントベースアプリケーションでは、適当なタイミングで自動保存がかかり、それはバージョンと呼ばれるヒストリーとしてドキュメント内部にスタックされ、あとからリストアできる。これも Textwell/DraftPad が先にやっていた。バージョンでは、リビジョンを通じての検索はできない。Textwell/DraftPad ではできる。(検索できないとリビジョンを作る意味が半減すると思うのだが) フリーカーソル iOS 8 から、テキストビュー上でカーソルを指の動きに合わせて全方向に移動できるようになった。ほぼ同じ実装を Textwell … Continue reading

Textwell のスクリプトでURLエンコードする意味と方法

この記事は、ノンプログラマー向けに、URLエンコードとは何かを簡単に説明するものです。 Textwell のアクションでは、T( ‘urlScheme’ ) というコマンドを使って、Safari を呼び出したり、他のアプリを呼び出したりできます。 例えば、Apple のホームページを開きたければ、アクションのソースとして以下のようにスクリプトを書きます。 T( ‘urlScheme’, { url: ‘http://www.apple.com’ } ); “url:” という記述の後ろに、Apple ホームページのURLがクォーテーションで囲んで書かれているのがわかると思います。このURLの部分を変えれば、他のホームページやアプリケーションを呼び出せるようになります。スクリプトでは、任意の文字列(この場合はURL)はクォーテーションで囲まなければいけません。 T( ‘urlScheme’, { url: ‘http://www.google.com’ } ); このようにすれば、Google のページが開きます。 次に、Textwell のアクションから Google で何かのキーワードを検索させるにはどうしたらよいでしょうか。 Google のページでは、キーワード入力欄にキーワードを入れると検索が実行されて検索結果ページが表示されますが、ページ上でキーワードを入れなくても、URLの後ろにキーワードをつけたしてそれをブラウザで開くことで直接検索結果ページを開くことができます。 例えば、”Apple” というキーワードを検索した結果ページを開きたければ、ブラウザのURLに次のように打ち込みます。 http://www.google.com/search?q=Apple “http://www.google.com/” という Google … Continue reading