Monthly Archives: April 2015

鏡はなぜ左右は反転するのに上下は反転しないか

鏡はなぜ左右は反転するのに上下は反転しないのか? 私はこの素朴な疑問を「鏡問題」と呼んでよく考えている。 洗面台の鏡の前に立ち、右手を上げると、鏡の中の自分は左手を上げている。左右が反転している。 次に頭を振ってみると、鏡の中の自分は足を振るわけではなく、頭を振っている。上下は反転しない。 鏡問題については誰もが一度は考えたことがあると思う。誰もが何らかの回答を試みるが、この問題の面白いところは、人によって回答がいろいろであるところだ。 よくある回答のひとつは、「左右は主観的だが、上下は客観的だから」というもの。 左右の方向は見る立場によって変わるが、天地の方向は一定している。 しかし、では鏡の前で寝転がってみる。右手は天の方向にあり、左手は地の方向にある。そこで右手を上げると、鏡の中の自分はやはり逆の左手を上げているではないか。 よくある回答のもうひとつは、「左右は反転していない、前後が反転しているのだ」というもの。 いやいや、前後が反転しているのなら、私が鼻をかいたら、鏡の中の自分は頭の後ろをかいていないといけない。けれどそうはならない。 これと似たような回答に「左右は反転していない、表裏が反転しているのだ」というのもあるが、それだと鏡の中の自分は体の中身が皮膚の外に出てしまって見るに耐えない感じになるはずだ。だがもちろんそうはならない。 まれに、「左右だけでなく、実は上下も反転している」というのもある。 でもそれはおかしい。それだと鏡の中の自分は常に逆立ちをしていないといけないから。 そう言うと、上下反転論者は、「鏡を足の下におけば、左右も上下も反転する」という。 確かにそうかもしれないが、ではなぜ鏡の置き場所によって反転の具合が変わるのか? 上下反転論者はこの疑問には答えられない。 いろいろググって、鏡問題を比較的よく説明していると感じたのはこのページだ。 ここではこういう感じの回答をしている。すなわち、左右は反転していない。なぜなら自分から見て右方向の手を動かすと、鏡の中でも自分から見て右方向の手を動かしている。反転しているのは、鏡に垂直の方向である。自分が鏡の方を向いている時、鏡の中の自分は逆にこちらを向いている。左右が反転している気がするのは、「右手」「左手」のように、鏡の裏に回った自分の視点で手がかりを見ているからであると。 はい、そのようですね。けれど、このページの中にある、鏡の裏に回った自分を想像する時の回り込み方によって反転しているように見える方向が変わるというのは、ちょっとよく分からない。言っていることは分かるのだけれど、それが鏡問題とどう関係しているのかが分かりにくい。なぜなら私は鏡を見る時、べつに自分が鏡の裏に横からぐいっと回り込む様子など思い浮かべていないから。 鏡問題は、誰もが疑問に思うことであると同時に、誰もが感覚的には答えを知っているのである。 ただ、その答えをうまく言語化できないだけだ。 鏡問題は言葉遊びなのだ。だから鏡問題についてある程度考えた人はみな、「そもそも問題設定が間違っている」と言い出す。問題の認識がおかしいのだから、回答することよりも、認識を正すことの方が重要だと。 そのために、左右も上下も反転していないということを説明しようといろいろな例を出すのだけれど、それらがどうも生活感を伴っていない。 鏡問題の素朴さに対して、回答はどれも間接的でもやもやしている。こじつけ感がでてしまう。 左右は反転しているような気がするだけで実は反転していない? それは一体どういうことだろうか。 でもまあ、左右も上下も反転はしていなくて、鏡の外と中で、鏡を境に方向性が逆転しているだけなのだということで、しぶしぶ納得しかけるわけである。 ところで急に話が変わるようだが、iPhone の前面には FaceTime カメラというのがある。自撮り用にこちらを向いているカメラだ。 この FaceTime カメラを起動して自分を撮影しようとすると、あることに気づく。ディスプレイに表示されている自分は、鏡像になっているのである。 シャッターボタンを押して、撮影された写真を見ると、鏡像ではなく普通に自分を撮った写真になる。 これはおそらく、我々は普段自分の顔を鏡を通じて見ているのだから、ディスプレイに表示するプレビューは鏡像にした方が自然だと考えた仕様なのだろう。 だから FaceTime カメラは、シャッターを切らなければ、鏡としても使うことができる。 そこでふと考えた。FaceTime … Continue reading

きれいの条件

きれいについて、前からずっと、自分は他人にくらべて少し感受性が不足しているのではないかと心配している。 何かを見て人が「きれい」と感嘆の言葉を発する時、自分はあまり感動していないことが多い。 例えば誰かと道を歩いていると、同行者が「あ、きれい」と言う。見ると歩道の脇に小さなハルジオンが咲いている。私はそれを見て、確かに花が咲いているなとは思うが、その美に感動してはいない。思わず感嘆の声をもらすほど感情の変化は起きない。 景色の開けた山岳を行く時、高層ビルから夜景を見る時、人は「きれい」というが、私はむしろ、彼らの「きれい」がどこから来るのかということについて、気になりだした。 「きれい」にはいくつかの種類があるように思う。 真新しく汚れがないもの、均一なもの (買ったばかりの車、沖縄の海、若い女性の肌、洗った後の手、白いハンカチ、しわのないカーペット、モノトーンのコーディネーション) 整然としたもの (掃除した後の部屋、整頓された本棚、組体操の列、碁盤の目) 無駄がなく優雅なもの (ペン習字のお手本、枯山水、漆器、日本舞踊) 繊細なもの (花、アクセサリー、ネイルアート、パステルカラーのコーディネーション) 対称的、規則的、幾何学的、反復的なもの (寄木細工、刺繍、ステンドグラス、柄模様) 雄大で複合的な自然風景 (視野いっぱいに広がる山並み、ところ狭しと生える森の木々、水面に映る雲々、入り組んだ海岸線、花畑) 光るもの、コントラストが高い状態 (宝石、電飾、磨かれた金属やガラス、星、夕焼け) カラフルなもの、鮮やかなグラデーション (虹、玉虫、フルーツ盛り合わせ、原色のコーディネーション) 艶やかなもの、豪華なもの (ナイトドレス、シャンデリア、振袖、ベリーダンス) 当然これらの条件は排他的ではなく、境界はあいまいだ。また「心がきれい」のように比喩的に言うこともあるが、ここでは視覚的な特徴に限定している。 上記のような条件を複数満たしているものほど、人は「きれい」を感じるようだ。 例えば満天の星空は、繊細で反復的で雄大で光っている。 上記の条件をさらにまとめると、大きく次の三つになるのではないか。 A. 一定している B. 有機的である C. 高コントラストである 一定しているというのは、淀みがなく全体が限定的なパターンで成っていること。有機的であるとは、複合的で各部分が密接に結合して影響しあっていること。高コントラストであるというのは、視覚に対して強い刺激を与えていること。 不思議なのは、A と B が逆のベクトルを持っているように思われることだ。 例えば A … Continue reading

コンプレックスとソフィスティケイテッドの語感

コンプレックスとソフィスティケイテッドの語感について。 コンプレックス(complex)という英単語はよく「複雑な」と訳される。 ソフィスティケイテッド(sophisticated)という英単語はよく「洗練された」と訳される。 日本語の語感としては、「複雑」と「洗練」は反対の意味を持っているように響く。 複雑なものとは、要素が多く混沌としていてまとまりが見いだせないようなもの。 洗練されたものとは、要素が無駄なく整理されていて単純さの中に深みを感じさせるようなもの。 ところが英語での complex と sophisticated の使われ方を見ていると、どうもこのふたつは同じようなニュアンスを持つ言葉であるようだ。 complex は、複合的で込み入ってはいるが全体として綿密に計画されたものを意味する。 sophisticated は、精巧緻密で高度に手の込んだ凝ったものを意味する。 例えば宇宙は、コンプレックスかつソフィスティケイテッドなのである。 一方、日本語の「洗練」から感じる、単純であることが高度であるという価値観は、日本的あるいは東洋的なものなのかもしれない。

アート、デザイン、アーキテクチャの語感

アート、デザイン、アーキテクチャの語感について。 これらの語源にも興味はあるものの、一般的には英語の外来語として用いるだろうから、英語の辞書を見てみる。 art The expression or application of human creative skill and imagination. Works produced by human creative skill and imagination. design A plan or drawing produced to show the look and function or workings of a building, garment, or … Continue reading